619円 ギアカッターディスク、滑らかなエッジ63x6mmフライス盤用の高硬度ディスク形状インボリュートギアカッター DIY・工具・ガーデン 作業工具 カッター 大型カッター エンドカッター 619円 ギアカッターディスク、滑らかなエッジ63x6mmフライス盤用の高硬度ディスク形状インボリュートギアカッター DIY・工具・ガーデン 作業工具 カッター 大型カッター エンドカッター ギアカッターディスク 期間限定60%OFF! 滑らかなエッジ63x6mmフライス盤用の高硬度ディスク形状インボリュートギアカッター ギアカッターディスク、滑らかなエッジ63x6mmフライス盤用の高硬度ディスク形状インボリュートギアカッター,DIY・工具・ガーデン , 作業工具 , カッター , 大型カッター , エンドカッター,townofalma.org,/antimasker1268147.html,619円 ギアカッターディスク 期間限定60%OFF! 滑らかなエッジ63x6mmフライス盤用の高硬度ディスク形状インボリュートギアカッター ギアカッターディスク、滑らかなエッジ63x6mmフライス盤用の高硬度ディスク形状インボリュートギアカッター,DIY・工具・ガーデン , 作業工具 , カッター , 大型カッター , エンドカッター,townofalma.org,/antimasker1268147.html,619円

感謝の声続々! ギアカッターディスク 期間限定60%OFF 滑らかなエッジ63x6mmフライス盤用の高硬度ディスク形状インボリュートギアカッター

ギアカッターディスク、滑らかなエッジ63x6mmフライス盤用の高硬度ディスク形状インボリュートギアカッター

619円

ギアカッターディスク、滑らかなエッジ63x6mmフライス盤用の高硬度ディスク形状インボリュートギアカッター

商品の説明

"span"機能:
1。全体的な硬度の強化:高温焼入れ熱処理により、全体的な硬度が強化され、より快適に使用できます
2。バリなし:バリのない一体成形で、表面と流暢な設置を実現します
3。開けるときの抵抗を減らす:切り欠きのデザインが大きくなり、穴を開けるときの抵抗が減り、効率が向上します
4。エッジ:インボリュートギアカッターには、細心の注意を払った技量のエッジがあり、手を傷つけにくい
5。ファインパンチング:ディスクフライスカッターは、小さな誤差のあるファインパンチング、カッティングで作られています


仕様:
アイテムタイプ:インボリュート歯車カッター
材質:高速度鋼
仕様:63x6
直径:約63mm / 2.48in
歯幅:約6mm / 0.24in
内径:約22mm / 0.87in
歯数:14




パッケージリスト:
1xインボリュート歯車カッター

ギアカッターディスク、滑らかなエッジ63x6mmフライス盤用の高硬度ディスク形状インボリュートギアカッター

動物保護団体、F1のCEOに“死んだ犬のぬいぐるみ”送付で見当違いな抗議

2022年1月12日
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、動物保護団体からの奇妙な抗議で“死んだ犬”のぬいぐるみを送付された。

PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)は、アラスカで“イディタロッド”として知られる犬ぞりレースに対する擁護の一環として、偽の血を塗った犬のぬいぐるみを送ったと発表した。

エイドリアン・ニューウェイ 「F1は複数の燃料ソリューションを検討するべき」

2022年1月12日
レッドブルF1の最高技術責任者であるエイドリアン・ニューウェイは、エクストリームEがどのように機能しているかを目の当たりにし、F1は未来の燃料について複数のソリューションを検討する必要があると考えている。

エイドリアン・ニューウェイは、2021年に初シーズンを迎えたエクストリームEをランキング7位で終えたベローチェ・レーシング(Veloce Racing)のマネジメントの一人でもある。

マセラティ、将来のF1参戦に含み…「時間が経てば分かる」

2022年1月12日
マセラティのCEOを務めるダヴィデ・グラッソは、イタリアのブランドが将来、F1への復帰を検討する可能性を排除していない。

マセラティは1950年代にF1の成功を収め、2004年から2010年の間にMC12でチャンピオンシップを獲得したスポーツカーレースプログラムを実施。そして、2023年からフォーミュラEに参戦することが発表された。

フェラーリF1、2022年F1マシンで“アグレッシブ”なノーズデザインを採用

2022年1月12日
フェラーリF1、2022年F1マシンでより“アグレッシブ”なノーズデザインを採用すると報じられている。

F1チームは、2022年F1シーズンが近づくにつれ、取り組んできたデザインを実現する過程にある。新しい一連のレギュレーションにより、外観の異なるマシンがコースに登場することになる。

セバスチャン・ベッテル 「アロンソの表彰台はモチベーションになった」

2022年1月11日
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)がF1カタールGPで表彰台を獲得するのを見ることが“大きなモチベーション”になったと認める。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、11月にロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されたレースで強力なパフォーマンスを発揮して3位でフィニッシュ。2014年以来となる表彰台を獲得した。

F1王者マックス・フェルスタッペン、Viaplayと複数年のパートナー契約

2022年1月11日
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、配信サービス『Viaplay(ビアプレイ)』と複数年のパートナーシップに合意。Viaplayは視聴者向けの独占コンテンツを配信していく。

ファンは、マックス・フェルスタッペンがF1の最も過酷なサーキットを征服する秘訣を明らかにするユニークなドキュメンタリー番組をストリーミングできるようになる。また、スポーツの容赦ないプレッシャーから離れたプライベートを垣間見ることができる。

アルファロメオF1代表 「周冠宇にはボッタスという良い先生がいる」

2022年1月11日
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、バルテリ・ボッタスが周冠宇の“良い先生”になると感じている。

アルファロメオF1は、2022年にドライバーライナップを一新する唯一のチームとなる。キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィに代わり、メルセデスF1からバルテリ・ボッタスが加入し、F2を卒業するルーキーの周冠宇がチームメイトを務める。

F1公式:ファン投票で選ばれた2021年レース BEST 5

2022年1月11日
F1公式サイトが、2021年のF1世界選手権のベストレースについてファン投票を実施。トップ5を発表した。

2021年のF1世界選手権は史上最多の22戦で行われ、最終戦までタイトル争いがもつれ込む過程で多くのドラマが生み出された。Formula1.comは、ファン投票を実施。52,000人に選ばれた2021年のトップ5レースを紹介した。

ニコラス・ラティフィ 「アルボンとはお互いに激しくプッシュできる」

2022年1月11日
ニコラス・ラティフィは、2022年にウィリアムズF1にチームメイトとして加わるアレクサンダー・アルボンとお互いにプッシュできることを期待していると語る。

1年間グリッドの外にいたアレクサンダー・アルボンは、2022年にウィリアムズF1でF1グリッドに復帰する。その間、アルボンは、レッドブルF1のリザーブドライバーとしてシミュレーター作業を行っていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム